上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.23 光と心
(2006年1月18日 朝日新聞)



広島市内の中心街にある広島中央署が、色彩心理学で人の心を落ち着かせる効果があると言われる青い色の街路灯を設置し、犯罪を減らす試みを続けている。これまでに取り付けたのは55灯。今後1年間程度様子を見て、犯罪の減少が実証されれば、さらに増やす予定だ。

 街路灯をオレンジから青に変えて犯罪件数が大幅に減った――。英国スコットランド南西部の都市・グラスゴーでのこんな取り組みを紹介したテレビ番組を見た同署生活安全課員が提案。広島市中区から予算をもらい、昨年8月、まず同区本川町2丁目の12カ所に市販の青色蛍光灯を試験的に据え付けた。

 その結果、周辺地域で起きる窃盗や暴行などの犯罪件数が減少。設置前の約7カ月間は53件だったのに対し、設置後の約5カ月間は6件にとどまった。住民の夜間パトロールも同じ時期に週1回ペースで始めており、すべてが街路灯効果と言えるかは不明だが、同署は今月16、17の両日、対象区域を広げて設置した。

 同署は「犯罪を起こしにくい町というイメージが広がるだけでも、防犯効果がある」と期待を寄せている。同様の青色街路灯は奈良県警が昨年6月に全国で初導入し、奈良市内などに設置している。

以上


写真を載せられないのが残念です。
確かに青い照明でした!

そうだ!!奈良へ行こう!!

・・・なんて自由なわけでもないし...
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nobinobi20.blog16.fc2.com/tb.php/825-607d35e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。