上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOTOは5月19日、システムキッチンに組み込まれているビルトイン型食器洗い乾燥機「ウォッシュアップ エコ」に発火の恐れがあるとして無償改修(部品交換)を行うと発表した。対象となるのは、2006年7月から2007年6月までに製造した8605台(対象機種の型式・品番は下記を参照)。

 リコールのきっかけとなったのは2件の発火事故だ。2007年6月に兵庫で、2008年2月には東京で発生した。いずれも洗浄槽が焼け焦げて直径約5cmの穴が開いた。人的被害はなかった。

 同社によると、事故の原因は配線部分の不具合によるものだ。温水ヒーターの接続部を覆っているポリエステル製の酸欠袋を固定する際に配線部分がねじれ、接触不良によって発火した。6月の事故の後は、ポリエステル製の酸欠袋を電気絶縁性の高いマイカ板に変更している。ウォッシュアップ エコと同様の機構を採用している製品はほかにはないという。 

 なお、同社は2008年2月にも卓上型食器洗い乾燥機について、発火事故をきっかけとしたリコールを実施している。基板上の電源コネクター部が発熱するトラブルが原因で、今回のトラブルとは仕組みが異なる。

 同社は、フリーダイヤルとホームページに設置したメールフォームで問い合わせに対応する。6月末までに温水ヒーターと接続コードなどを無償で交換する予定だ。

■対象機種
型式:EUF100
品番(冒頭3けた):067、068、069、06X、06Y、06Z、071、072、073、074、075、076


オレの現場の食洗機はドイツ製みたいだから関係ないです。
ガスコンベックもドイツ製らしい。

うちのは・・・帰ったら調べてみよう
ちなみに「食洗器」ではなく「食洗」です。
「IH調理機」ではなく「IH調理」です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nobinobi20.blog16.fc2.com/tb.php/812-38083a25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。