上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の全日本は第一回の開催でした。正式にオリンピック協会に登録されたからです。多分。
道場からはタカが出場。福島の東日本選手権で優勝して出場権をとりました。
東海大からは片瀬(4年)が出場。学生選手権で入賞したからです。

今回は副審が4人だからそのうちの3人が同時にボタンを押さないとpointがはいらない。結構しっかり当てないと難しい。
そして、倒れたら全部をキョンゴにするというシビアな反則。俺としたら嬉しい。


タカの一回戦は3試合目で早かったけど相手がそんな強くなかった。自分のリズムが作れていい1試合目になったと思う。なにより全日本で1回でも勝ったという自信がついたはず。そんでもっと強くならないといけないってことも分かったはず。
道場でちびっ子やなんかに満足してもらっちゃ困る。
負けてらんない!!
もっとビッグになるんだ!!



2回戦は夏の千葉大会でも当たったジュニアが相手。
気迫に押されたかリズムが悪いし、脚が止まってる。
「チビからスピード取ったら何も残らないんじゃ!」by宮城(たしかこんなようなことを言っていた気がする)
前チキも下に落とすように蹴ってて、チョット下がられたら当たらない。その後の攻撃もないから合わせられてた。それとあのラビットは癖になってるな。蹴りの数が少ない。

片瀬はY田Y子さんと当たってた。今年中ずっと言われてた課題を少し克服した。というか試合前に聞いたアドバイスを守った。3ラウンドも構えてたし(いつもは疲れきってノーガード)、クリンチで動かないような指示も聞いてた。何回かはやってたけど、一発蹴って下がって、また前に蹴っての繰り返しもやらなくなってた。
この辺りを練習の時からやれば自分のものになる。あとは人間的能力の向上したほうが早いと思う。特に、回るという動作が・・・

タカ ベスト8
片瀬 一回戦敗退
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nobinobi20.blog16.fc2.com/tb.php/749-99d5ca22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。