上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.23 め組の大吾
め組の大吾についてちょっと語ります。

感動もんですこれは!
め組の大吾―火事場のバカヤロー (1) (少年サンデーコミックス)め組の大吾―火事場のバカヤロー (1) (少年サンデーコミックス)
(1996/02)
曽田 正人

商品詳細を見る

迷犬ジルを助けた6歳の大吾。

高校時代に悪だったが、落合先生の一言で自分の中のスーパーマン「消防士」になる。
”何か”持ってる大吾は消防で活躍をし、怒られ、レスキューに入る。

そしてスマトラ島での大火事で
45名
ヘリ2機
世界最大級輸送機1機
GPS・赤外線装置など1式
など、総重量170トン

この価値に値する活躍をする!

その後、落合先生と結婚し、萌ちゃんの育児休暇中に戦友の甘粕に召集される。
そんなヘリの中での甘粕の言葉がグッときます。

”目的”を、、、”夢”を実現する人間手いったい何が違うと思う?
ワールドカップの得点王になった英雄・・・
何億分の一の確率かもしれないな。俺はずっと興味があった。

彼らはいつの時点で自分がそうなれると思ったのか・・・

・・・でもそれは違うのかもしれない。
ある時に「俺はそうなれるかも」と気付くんじゃなくて・・・

「俺はワールドカップの得点王になれないかも・・・」

なんて最後まで考えたことすらないやつが
本当にワールドカップの得点王になってしまうんじゃないかって・・・・・

人間は成長していくにつれいろんな現実を思い知らされる。
そして「そうはなれないかも」と思う。
そう思った人間から本当にそうなれなくなtっていくんだよ・。・・



”自分はそうなれる”としんじているうちは、
どんなことだって、”可能性”だけは常に残されている。


まじで泣けるとこ沢山ありすぎ!
感動するとこありすぎ!

だれか読みます?^^
め組の大吾全10巻完結(ワイド版) [マーケットプレイス コミックセット]
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nobinobi20.blog16.fc2.com/tb.php/1098-5130345f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。