上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
座って小便をしている男性は約半数。8年前の3倍に増加している――、松下電工が実施した「トイレ使用実態調査」からこんな傾向が明らかになった。1999年の調査で15%だった「座ってしている」との回答が、今回の調査では49%と約半数を占めた。
 
 「いつも座ってしている」と答えた男性は27%、「たまに座ってしている」と答えた男性は13%だった。これに対して、回答した男性の配偶者である女性に夫の小便スタイルを聞くと、53%が「いつも座ってしている」と答えた。トイレを快適に保つことを目的に、妻が夫に「座って小便をしてほしい」と依頼していることがうかがえる。

 年代別にみると、「いつも座ってしている」「たまに座ってしている」と回答した男性は合わせて、30代が46%、40代が38%、50代が37%と、若い男性ほど座ってする傾向にあることがわかった。

 座って小便をする男性が増えている理由として、小便の跳ね上がりを少なくして強調文トイレを衛生的に保とうとする傾向が考えられる。立って放尿したことを想定して同社が実施した実験によれば、75cmの高さから30秒間400cc の水を住宅用の便器に放水した場合で、尿の跳ね上がりは便器の奥で207滴、水たまりで85滴、手前で311滴だった。



何滴っていうと凄い気がする・・・
けどヤダ!!立ってしたっていいじゃないか!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。